あせも(汗疹)の症状とあせも(汗疹)の治療方法

あせも(汗疹)は、赤ちゃんなど乳児(新生児)だけでなく、子供にも多い

あせも,汗疹

あせも(汗疹)の症状と治療方法とは、どのようなものなのだろうか?
あせもは額や脇の下、ひざの裏、ひじの内部、大腿の内部に出来やすい皮膚疾患の事である。
あせも(汗疹)は、赤ちゃんなど乳児(新生児)だけでなく、子供にも多い。
夏になりやすく、赤ちゃんなど乳児(新生児)に多いのが特色で、小さい水ぶくれができて、かゆくなるという特徴がある。
皮膚が広範囲に赤くなることもあり、菌が侵入して痛くなることも有る。
汗もは、汗を皮膚の表面に運ぶ、汗腺が詰まってしまい、汗がとじこめられて惹起する炎症のことである。
皮膚がかゆくなり、小さい水疱がブツブツと出て来る。水疱の範囲が広がって、皮膚全体が赤くなることも有る。
夏になると高温多湿になり、あせも(汗疹)が出来やすくなるが、冬にも出て来る。
たとえば額や、脇の下、乳房の下、膝の裏側、肘の内部、大腿の内部などなど、汗の出やすい場所や、皮膚がくびれたり、こすれたりする部分にあせも(汗疹)は出来やすいのである。
あせも(汗疹)は冬にも生じるので要注意である。


スポンサードリンク

あせも(汗疹)の薬には、ワセリンやクリームが有効

あせも,汗疹

それでは、あせも(汗疹)が出来たらどのように治療すれば良いのだろうか?
あせも(汗疹)の薬には、ワセリンやクリームが有効である。
あせも(汗疹)が出来たら、ステロイドのクリーム、もしくはローションやワセリンを用いて、かゆみや炎症を抑制する。
制汗剤やボディパウダーやシッカロールを用いるのはかまいないが、使いすぎると良くないのだ。
これらを遣いすぎると、かえって汗腺を詰まらせてしまい、粉が団子状に固まって化膿菌を拡大させることで、かえって悪くしてしまうこともあるからだ。
あせも(汗疹)の原因は、汗やほこりが汗腺をつまらせてしまう事である。
汗をかいたら、濡れティッシュで拭いたり、シャワーなどで洗い流して、皮膚を清潔にキープすることであせも(汗疹)の予防になる。
また、エアコンで温度や湿度を快適な状態にコントロールして、皮膚を涼しく乾いた状態にキープすることも、非常に重要な事である。
真夏になると汗をかくようになり、あせも(汗疹)がとても出来やすくなる。
あせも(汗疹)には、以下のように3つの種類が有る。

まず、深在性汗疹である。

深在性汗疹は、下部表皮内の汗管が詰まって、真皮内汗管から汗が漏れ出る症状である。

次に紅色汗疹である。

紅色汗疹は、赤いあせも(汗疹)の事で、上部表皮内の汗管が詰まって、表皮内汗管から汗が漏れ出る症状である。

最後に水晶体汗疹である。

水晶体汗疹は、白いあせも(汗疹)の事で、角質総層で汗管が詰まって、皮膚表面の角層下に汗がたまる症状である。


あせも(汗疹)の症状と治療方法について

次に、あせも(汗疹)の症状と治療方法について見てみよう。
夏に起こしやすい肌トラブルを防ぐには、汗や汚れに対するケアが必要である。
汗をたくさんかいたら、まず清潔なハンカチやタオルで拭き取る事、下着などはこまめに着替える事、そしてシャワーで汗を洗い流す事が重要だろう。
衣服は肌にピッタリしたものよりも、多少ゆるめの服で、通気性の良いものを身に付けるように心掛けよう。
また、絆創膏をはったままにしないとか、かゆくてもかかないようにする事、布団を掛けすぎないようにする事、さらにシッカロール等のボディパウダーはつけすぎないようにすべきだ。
そして、発疹が出来たら出来るだけ、皮膚科を受診すべきだ。
夏になるとあせも(汗疹)にかかりやすいとはいえ、あせも(汗疹)以外の皮膚疾患も増えるので、勝手な自己判断は充分気を付けてほしい。
自分であせも(汗疹)と思考して、皮膚科を受診する人の殆どがあせもではない皮膚疾患であるケースが多いそうで、あせも(汗疹)の人はほんの1割レベルだそうである。
そして、あせも(汗疹)以外の皮膚疾患としては、夏に悪化しやすいアトピー性皮膚炎、他にニキビやカビの一種であるカンジダ症、さらに虫さされやとびひである。
勝手な自己診断は禁物である。
あせも(汗疹)かなと思考しても、出来るだけ皮膚科の専門医に診てもらうようにすべきだ。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






マクロビオテック