東城百合子と東城百合子が主張する自然療法

東城百合子の家庭でできる自然療法、月刊本【あなたと健康】

東城百合子

東城百合子が主張する自然療法とは、彼女が重傷の肺結核となり、玄米自然食に拠って病気を鎮撫した事から開始している。
自らの体験をもとに栄養学を学習し、自然食の肝心さと生命力の偉大さに気付いたのだそうである。
東城百合子は、月刊本【あなたと健康】や各地での講演活動等で主張している。
自然療法によると、生きる基本である【食事】を改善する事で、ほとんどの不調は薬を遣わなくても改善出来るという。
この家庭で出来る自然療法は、特にむずかしいものじゃない為、大げさに構える必要はないのだ。
東城百合子が主張する家庭でできる自然療法によると、例えば胃腸の弱い人の場合、何かを口にする時にあまりよく噛まないで、お茶や汁物等で流しこむようにする風潮にあるのだそうである。
そうすると胃腸はあまり噛み砕かれていない食糧を消化する為に、必要以上の負担を強制されて、胃酸過多になるのである。その為に胃腸が衰退してしまうのである。
であるから、食事の時には急がずゆっくりとよく噛んで胃腸が消化しやすいように食糧を噛み砕こうという事を東城百合子の自然療法では主張している。
そしてよく噛む事で唾液の分泌が誘われる。
そうすると、唾液に包括されるアルカリ成分が胃に送り込まれる為、胃酸過多にならずに済むわけである。これも東城百合子が主張する自然療法の1つである。
また塩分も取りすぎは当然良くないのだが、東城百合子の自然療法によると、あまり控えすぎるのもかえって身体の不調をまねく原因になるそうである。
必要な塩分を摂取出来ていないと、細胞の働きや血液の流れに支障をきたすようになるからである。
すると、食物の消化吸収が上手くいかなくなってしまい、食欲不振や無力感、さらにイライラ等が出てきてしまうと東城百合子の自然療法では謳っている。


スポンサードリンク

東城百合子が主張する自然療法と料理教室や講演会、相談

東城百合子

東城百合子の自然療法によると、がんや肝炎等、時にはドクターもお手上げになるような病気さえ治る事があるという。
の自然療法が病気をなおしてくれるのじゃなく、自然療法が体の自然治癒力を引き出す事により体自身が病気をなおすようになると考える方が正しい解釈である。
東城百合子の家庭で出来る自然療法は、食糧が人生を変えるのだと認識する必要がある事を教えてくれる。
東城百合子が主張する自然療法は、どれもこれも決してむずかしいものによるものではないのだ。
家庭で出来る為、簡単に手に入り家庭で気軽に調理出来る材料を遣って、化学調味料等に頼らずに食事をつくり、急がずゆっくりと賞味して口にする事を勧めている。
東城百合子の自然療法では、特別高額な食材を遣うわけじゃなく、その季節の旬のものを活用して体の所持する自然治癒力をひきだすのである。
また、これらをただ口にすれば良いわけじゃなく「戴く」の意味を改善して“食糧の命を戴く"という意識を所持する事が肝心だとも述べている。
薬に頼らず、自分の体の力を信じて生活を変えてみてはどうだろうか。
その前に、東城百合子の料理教室や講演会に参加して相談を受けてもらうのも良いだろう。


東城百合子とクレンジングや砂浴

東城百合子

他に東城百合子はクレンジングや砂浴も主張している。
アトピー性皮膚炎も、お菓子やジュース等の甘いものや食品添加物の入った加工食品等を口にする事が気のせいか多く、塩分が不足してミネラルバランスが崩壊する事で症状がでるという。
東城百合子の自然療法は、このようにして崩壊してしまったミネラルバランスをアレンジ出来る事も症状改善のための肝心な方法だといっている。
家庭で出来る東城百合子の自然療法をはじめて暫くすると、今までの生活で身体の中に貯まった毒素がでてくる為、一時的に酷い(ひどい)肌荒れ等が生じる
そこで驚嘆して東城百合子の自然療法をやめてしまうと、せっかく改善してきた細胞の活動等がまた元にもどってしまうので「良くなる為に悪いものを排出しているのだ」と考えて、東城百合子の自然療法を継続する事が肝心である。
やがて体内の毒素を出し切ると、再生されて生まれ変わった細胞が働き出して、肌も身体もすこぶる具合が良くなってく。
こうして細胞が本来の働きを取りもどすと、自然治癒力が上がり、薬に頼らなくてもいい、本来の健康な体になってく。
これが、東城百合子の自然療法、クレンジングや砂浴の基本的な考え方のようである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

https://www.google.co.jp/search?q=%EF%BF%BD%EF%BF%BD%EF%BF%BDN&tbm=blg&output=rss&num=50







マクロビオテック