ドライマウスの原因とドライマウスの治療や治し方、薬

ドライマウスの原因と治し方、カンジダ菌

ドライマウスの治し方を原因ごとに見てみるべきだろう。まず、ドライマウスの原因には、以下のような事が勘案されている。

 

食生活が原因→[柔らかいものを口にするようになった事であまり噛む事をしなくなった]

薬が原因→[薬の影響で副交感神経の機能に変化がおき乾燥状態が継続する]

心理的負荷が原因→[心理的負荷から交感神経が緊張していると唾液の分泌が消耗する]

口呼吸が原因→[歯並びが悪い・鼻で息ができないひとは、口から呼吸し継続する事で乾燥する]

これ以外の病気が原因→[カンジダ菌によるもの等]

 

ドライマウスの原因が食生活の時は、柔らかいものだけを口にする事により噛む回数が少なくなったり、年齢に拠って口周りの筋肉の低下した事による。
その為、ドライマウスの治し方としては、できる限り硬いものを噛むような食生活に変えたり、口の筋肉を鍛え上げるように努力する事が、ドライマウスの一番の治し方になる。
[虫歯になりにくい][風邪をひかない]という事にも唾液量が関係があるようである。
このつばの量は噛む回数の低下により下がるそうな為、ドライマウスの治し方として、できる限り硬いものをたくさん噛むようにこころがけよう。
原因が心理的負荷は、本人の心がけでなおしていくしかないのであるが、方法を掌握すれば心理的負荷はたまらない。ドライマウスの治し方としては、心理的負荷発散に励むように努めてみてほしい。
原因が薬の時は、飲んでる薬品の影響が勘案される為、ドライマウスの治し方としては、薬品をもらっている病院でドクターに相談するのが一番いいものである。
原因が口呼吸の時は、口で息が可能にできる限り配慮する事がドライマウスの治し方だ。ドライマウスの原因が歯並びならば、歯列矯正がドライマウスの治し方としてお勧めであるし、鼻つまりが酷い人は耳鼻咽喉科に通過して鼻どおりを良くする事が先決だと思考する。
ドライマウスの原因がこれ以外の病気、たとえばカンジダ症等は、普段は誰もが所持してるカンジダ菌粘膜の弱ったところから組織に入り込み炎症が生じている時が勘案される。
カンジダ菌はカビの一種で舌苔がつく。これを放置すると味覚を実感しない味覚障害になる可能性が高いんである。

スポンサードリンク

ドライマウスの治療するには、病院や薬、漢方

ドライマウス,治し方,治療

ドライマウスの治療するには、病院や薬、漢方などがある。
他に、治し方として予防対策用の保湿剤もある為、病院や専門外来に一度いってみてほしい。
しかし、一番のドライマウスの治し方は、何よりも唾液の量を増やす事だ。
たとえば朝、惹起した時に[口が乾いて臭い]という口腔乾燥は、水を包含して口の中を湿らせてあげるのもドライマウス予防にいいものである。
しかし、口腔乾燥には、唾液腺を刺激してあげる事が一番の良さそうな為、お布団の中で顎をシフトさせたり、舌を出し入れさせ唾液腺を刺激すると唾液がでてきて口臭も防げるそうである。
次に、ドライマウスの症状としては、[口が渇く][口がまずい][口内がネバネバする][飲み物を手放せない]等症状はいろいろある
唾液が少なくなると虫歯や歯周病になりやすくなり、更には口臭がきつくなったり、食糧を呑みこみにくくなる事も有る。
唾液には消化機能、抗菌機能、粘膜保護機能、歯の保護の任務があるのであるが、それ以外にも唾液の量で健康状態や心理的負荷も掌握できるものなんである。
[ドライマウスの症状か?]とその治し方考える時は、病院で相談するのが一番であるが、多少なりともドライマウスの症状を和らげる為、もしくはドライマウスの治し方を調べる為に、これからドライマウスにならないように対策をとる意味でも原因をなくしていこう。


ドライマウス対策に口臭予防

ドライマウス対策にカンジダ菌や口臭予防もある。
治し方として、症状を予防する対策としては、舌をシフトさせたり、ガムやトローチで唾液腺を刺激し唾液の分泌を良くする事だ。
漢方、サプリメントや健康食品等も、ドライマウスの治し方として有効な製品も販売されている。
ちなみに、放っておくと味覚障害等に発展する可能性もある為、早めに病院にいったり専門外来で検査して治し方を探して欲しい。
また、ドライマウスになると口の中が乾燥して唾液が消耗する事で雑菌が増加する。
すると口内炎もできやすくなるという悪循環にも。この時、口内炎自体を治療するよりも、ドライマウスの治し方を選び、治療に専念しなければ元はなくならない。
口内炎ができやすい人は一度検査をしてもらって口腔ケアに取り組んでみてはどうだろうか?
ドライマウスは、更年期障害の人に気のせいか多くみられる事から、更年期障害の1つとみられていた。
しかし、ドライマウスは、更年期障害の薬を呑み込む事による副作用のようである。口内が乾燥すると実感する人は、ぜひとも唾液を出すように心掛けてみてほしい。
私の父のお勧めでは、ハニーウェットという蜂蜜配合のドライマウス・口臭予防ゼリーが良いようである。
ドライマウスで口内が乾燥すると虫歯も増えて、更年期に入ってから歯を失う人も多いようなので気を付けてほしい。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B9%BE%E7%87%A5%E8%82%8C&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック