唇荒れの原因と唇荒れ対策

唇荒れの原因と対策、リップクリームやワセリン

唇荒れ

皆さんは、唇荒れ対策をしているだろうか?口元は意外と他人が初めに目にするところである。
私も毎年毎年唇荒れに苦しんでいるが、今年は原因や治療、予防等の対策をしらべた為、何とか唇荒れができないようにしたいと思案する。
唇が荒れてガサガサだと、キスをする時に恥ずかしい思いをするので。
それではまず、唇荒れの原因と対策について見てみよう。
唇荒れの原因は、空気の乾燥や、疲労からもなるようである。乾燥をおさえようとして、唇をペロっと舐めてしまったりすると、いよいよ荒れたりもするようである。
ただ乾燥しているだけならば、ベロベロ舐めたりせずに、薬用のリップクリームやワセリンを塗布して、何とか乾燥をおさえよう。また、不規則な食生活をしたり、体の疲労、ビタミン不足なども唇荒れの原因になるので注意したいところである。
次に、唇荒れ対策と病気について見てみよう。
唇荒れと腫れの病気の1つで、ウィルスが原因でなってしまう病気、<口唇ヘルペス>は、口の周りに、ちっぽけな水泡ができてしまうのが特色である。
この口唇ヘルペスにかかってしまう人は、非常に多いようである。口唇ヘルペスでできたその水泡が潰れて、水疱の中の水液が飛び散ってしまうと、飛び散った場所に移り、またまた感染する。
一度この病気になってしまうと、治るのに時間も相当かかる為、もしかかったかも。。。。と思案したら、ぜひとも病院で診てもらおう。


スポンサードリンク

唇荒れ対策としてリップクリーム、はちみつ、ビタミン

唇荒れ

唇荒れ対策としてリップクリームは切っても切り離せない。
唇の乾きや唇荒れには、まず最初はリップクリームを塗るのだと、学生の頃は思案されていた。
しかしながら、痛みが走るという記憶も有る。リップクリームをどのようなに塗っても、唇が潤わずカサカサになってしまう。そんな経験なんで、皆さんにも有っただろうか?
私の場合だが、たくさん塗りまくったリップクリームが、アレルギーの原因となってしまい、いよいよ唇が荒れたんだ。ドクターに公言された事が有ったっけ。。。。
唇荒れ対策としてあらかじめ予防してしまうという方法もある。
つまり、唇荒れの対策として、はちみつ、ビタミンの摂取をするのである。
唇荒れって、実に奥が深いんだなと思案したが、唇荒れ対策として荒れる前に予防してしまえば、嫌な思いをしないで済むと思う。
おかげさまで唇って、本当にデリケートな部分なんだと気付く事ができたのである。
唇荒れ対策として、デリケートな唇を荒れさせないための予防は、乾燥を避け、保湿を充分する事である。
そして、たっぷりと睡眠を取り、栄養バランスのガッチリとした食生活が肝心であるのだ。


唇荒れが治らないのなら、病気と認定し皮膚科で薬を

次に唇荒れの治療と対策について見てみよう。
そもそも唇荒れは、ビタミン不足や栄養不足の他に、胃腸が衰退している時も、荒れて異常をうったえると公言されている。
内臓の異常が、唇に出たりすると対処法もしくは治療法がむずかしいのである。唇の荒れプラス体調が悪いからと、多少なりとも実感したら、できる限り早めに専門科で診察を受けよう。
ついでに唇の腫れについても考えてみたいと思う。
唇の腫れは、アレルギー反応等で腫れてくる時が多いようである。アレルギー反応の原因といえば、化粧品や食糧や飲み物、また薬品等でも腫れる事があるようである。
唇が突然腫れてしまい、タラコみたいな唇になってしまったとき、接触性口唇炎、もしくは性口唇炎の疑いが有る。
やっぱり唇荒れがどうしても治らないのなら、病気と認定し皮膚科で薬を貰った方が良い。
空気の乾燥等を気にして、唇をベロベロ舐めすぎるとなってしまう事も有るが、かゆみを伴う唇荒れや唇の腫れは、早めに皮膚科で検診して、薬を貰おう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B9%BE%E7%87%A5%E8%82%8C&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック