糖尿病の食事療法! 献立や宅配、食品交換表を利用した糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法について

糖尿病,食事療法

糖尿病患者の食事療法の献立やレシピは、糖尿病の1型、2型問わず必須なものだ。
糖尿病の食事療法は、糖尿病の予防の食事に成る。
糖尿病患者の食事療法レシピ・献立に苦しんでいる人は、宅配や食事の配達、食事専門店をうまく利用してみてはどうだろうか?
食事療法には、レシピや献立を考慮するのみでなく食事に関した釣り合いのガイドをうまく利用したり、食事記録をつけたり、食事間隔を測ったりする事も必要だ。


スポンサードリンク

糖尿病と食事療法の必要性について

糖尿病,食事療法

糖尿病とは、血液中のブドウ糖をアレンジするインスリンの機能不足で、血液中の糖分がおおくなる病気だ。
ブドウ糖は体をシフトさせるエネルギー源で在り、血糖値が高いと云う事は、エネルギー源が体に行き渡らず血液中にあふれてしまう具合であるためだ。
こうなるとエネルギー源が体に届かない為、全身のエネルギーが足りず、多種多様な合併症を生じさせる。
糖尿病治療の基本は、自身の日常生活に見合った食事や運動療法をする事だ。
これで充分な効果が得られない時は、血糖降下剤等の内服薬、インスリン注射等の薬物療法が利用される。
糖尿病は大幅に分けて、自己免疫異常でインスリンが作れなくなる[1型]か生活習慣が原因の[2型]が在り、殆どの患者が2型だ。
2型のメインの原因は、高脂肪食の過剰摂取や運動不足だ。
2型糖尿病の時は、食事療法や運動療法でまず血糖値を下げるようコントロールする。
1日の食事の適正量は、ドクターが指導や規制をする。
ドクターから食事療法の指導や規制を受けた際に糖尿病食事指示票が渡される為、それに応じた釣り合いの良い食事を取る事が肝心だ。
朝食、昼食、夕食、間食でどのくらいずつ口にするかを、食品交換表をうまく利用して配分するよう、指導、規制される事が少なくないならば、それに従って献立とレシピ、メニューを考えよう。


糖尿病を予防する方法

糖尿病になったら食事や運動に気を付けて生活しなければならない。
合併症にならないかとの懸念も生じる。
糖尿病になってから食事や運動に気を付けるよりも、糖尿病に成る前に食事や運動に気を付ける方がいい予防法だ。
糖尿病を予防する為に、何よりも自身の健康の為に、自身の生活を改善してみると良い。
3食キッチリと食事をとっているだろうか?
夜更かしや朝食抜きで生活リズムが乱れていないだろうか?
暴飲暴食をしていないだろうか?
運動不足で、体重が増大していないか等、気にかかる事がないだろうか?
自身に必須なカロリーがどのくらいで、栄養の釣り合いを考慮してどのような食事を取れば良いのか考慮する事は糖尿病予防に限らず、あらゆる病気を予防する為に肝心な予防方法だ。

糖尿病食事療法のための宅配・配達とレシピ・献立・メニューにかんして

糖尿病の血糖コントロールで肝心なのは食事療法だが、レシピや献立やメニューをおのれから考え、作成する事を継続するのはたいへんだとおもう人もいるだろう。
現状、多種多様な業者による宅配の糖尿病食が有る。
食事を作成する手間とレシピや献立やメニューを考慮する手間がはぶけると云うメリットの他に、カロリー計算・栄養の釣り合いが糖尿病患者の為にガッチリ考慮されている為、その料理の種類・量・味付け等が現実に目や舌で了承出きる、と云うメリットが有る。
糖尿病の方のみでなく、家族の人も糖尿病食のレシピや献立やメニューがどのようなものかを了承する機会に成る。
糖尿病の方のための宅配業者と製品のレシピや献立を何種類か案内する。

 

タイヘイ株式会社

ヘルシー御膳(冷凍弁当タイプ)、CCSメニュー(食材お届けタイプ)
ヘルシー御膳は電子レンジで温めるのみ、CCSメニューは下ごしらえした食材と調味料付き

 

株式会社ニチレイフーズダイレクト

糖尿病食(240kcal、320kcal常温保存 レトルトタイプ)、気くばり御膳(冷凍保存)
糖尿病食(240kcal、320kcal)はレトルトタイプで湯に入れるか、封を切って電子レンジで温めるのみ。
気くばり御膳は電子レンジで温めるのみ。

 

株式会社武蔵野フーズ

ムサシノ食品健康宅配本部 健康宅配 糖尿病食 すこやか膳(冷蔵宅配ーチルド製品)
電子レンジで温めるのみ。

 

有限会社ゲルソン商会

カロリーコントロール食(冷蔵宅配ーチルド製品)
電子レンジか蒸し器で温めるのみ。

妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病とは、これまでそうでなかった人が妊娠により血糖値が高くなった症状を意味する。
血糖値が高いと巨大児(4000g以上)が誕生したり、難産になったり、出産後お母様が本当の糖尿病に成る危険度が大幅に増える。
妊娠すると胎盤からでるホルモンに拠ってインスリンの機能が弱まる。
すなわち、妊娠中は普段よりも相当の量のインスリンが必要とされるが、その量が足りないと妊娠糖尿病を発症する時があるのだ。
妊娠糖尿病の1番大きな原因は、糖分の取りすぎだ。
お菓子や果物を食べ過ぎないよう気を付けた方が糖尿病の予防に成るだろう。
食事の釣り合いを考慮して糖分を取りすぎないよう気を付けて欲しい。
妊娠中はたくさん食べなさい、と云われる事が少なくないとおもうが、云われるままに食べ過ぎてはいけない。
また、つわりが完了してから食欲が増す時も有るが、やっぱり食べすぎないよう気を付けて食事を取るようにすべきだ。
ファストフードや加工食品はやめた方が妊娠糖尿病の予防に成るだろう。

糖尿病合併妊娠にかんして

糖尿病の女性が妊娠した時は、糖尿病合併妊娠と云う事に成る。
糖尿病合併妊娠の危険度は、母体には糖尿病性ケトアシドーシス、妊娠高血圧、早産、羊水過多症等が有る。
糖尿病性ケトアシドーシスとは、高血糖の為、全身嫌悪感、凄い腹痛やこん睡具合に陥る事がある症状だ。
羊水過多症とは、羊水がおおくなってしまい母体に影響をおよぼす具合を意味する。
羊水過多症に成ると子宮が膨らみ、下半身にむくみや痛みが出たり、呼吸が苦しくなる時が有る。
また、分娩時に赤ちゃんが巨大児に為っていれば、帝王切開率が高くなり、産道裂傷等の危険度も高くなる。
その為、糖尿病の女性は妊娠前には血糖値をコントロールしておく必要があるのだ。
血糖値のコントロールのみでなく、糖尿病性網膜症や腎症等にもかかっていないか、かかっている時にはキッチリと治療し、妊娠してもよい状態にしておくのが肝心だ。

糖尿病患者の外食にかんして

糖尿病患者の人で、自身の家での食事のみでなく、仕事等で外食の機会が少なくない人は、外食での食事の取り方を試行錯誤しなけばいけない。
外食のメニューはカロリーが少なくない為、献立や口にする量に気を付けなければカロリーの取りすぎになる。
普段から、どの献立、レシピ、メニューはどのくらいのカロリーに成るかを掌握しておいて、多すぎるようならば残す事も大事だ。
揚げ物なら衣や脂身を残す等、気を付けて食事を取ろう。
もったいないからと云って食べ過ぎは禁物だ。
和風のセットメニューだと、栄養の釣り合いが取れており、カロリーも掌握しやすいものだ。
丼物はご飯が少なくないし、ファストフードは栄養が偏っているうえにカロリーが高い。
一品物よりも定食等セットメニューを選択するのが良いだろう。
ポケット版のメニュー別カロリーや、食品交換表での1単位80キロカロリーはどれくらいか等が掲載されている本がおおく販売されている為、使用しやすいものを買い付けて、常に携帯すると良いだろう。
外食では、どうしても栄養が偏りがちに成る為、そのような時は自身の家での食事でアレンジするように心がけよう。
出きれば、外食をとる時は、1日1回を限度にして欲しい。
糖尿病といえども、口にしてはいけないものがあるわけでもなく、釣り合いよく、そして食べすぎなければ良いのだ。

糖尿病食事療法のための食品交換表にかんして

糖尿病の食事療法で使用される食品交換表では、約500種類の食品を殊更に包括される栄養素に拠って以下の6つの表に分類している。

 

表1.主食の仲間
表2.くだものの仲間
表3.魚、肉、大豆、チーズ、卵
表4.乳製品の仲間(チーズは除く)
表5.油の仲間
表6.野菜の仲間(海草、きのこ、こんにゃくを包括する)

 

日常口にする食品がどのグループに入っているのかを気付いておくと、栄養の釣り合いの取れた食事を取る事が出きる。

 

食品交換表の中では、80キロカロリー=1単位として計算する。
この6表と調味料・塩分の値も入る。
ドクターより1日の身長、体重、年齢、性別や仕事内容等を考慮してエネルギー摂取量を指示される為、各表の中で配分して献立を決定させて食事を取ろう。
例を挙げると、ご飯50グラムが1単位となる。

 

1日の指示単位(指示エネルギー)の配分例 1600キロカロリーの時は
表1.11 単位 (朝3 昼4 夕4)
表2.1
表3.4 (朝1 昼1 夕2)
表4.1.5
表5.1
表6.1 (朝0.3 昼0.3 夕0.4)
調味料0.5
塩分 7g以下
以上 合計合計20単位となる。

 

エネルギー摂取量の水準は、標準体重×体活動量
・標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
・標準体重1kgあたりの体体活動量の水準は
軽労作(デスクワークの人や主婦) 25から30キロカロリー
立ち仕事の少なくない職業の人 30から35キロカロリー
力仕事の少なくない職業の人 35キロカロリーから
これはあくまで水準な為、ドクターの指示に従って欲しい。
栄養の釣り合いが取れた食事を取る事は、糖尿病を予防する為に肝心な事であるためだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック