冷え性の改善方法 冷え性を治すための改善・対策の方法

近頃の冷え性の改善・対策の方法とは?

冷え性,改善,方法

冷え性の体質を治す改善や対策の方法は、医療機関の外来をうまく利用したものや、食物のレシピや飲み物、漢方薬をうまく利用した冷え性の改善方法等が有る。
これ以外の冷え性の治し方・や鎮撫法としては、冷え性の改善グッズのうまい利用手段や末端冷え性を治す改善方法、更に、冷え性に効くつぼ(ツボ)等が有る。
余談だが、冷え性に苦しむ人はおおく、近頃では冷え性と不妊の関係を懸念する人がインターネットをうまく利用して全国冷え性調査所等を検索する時代にまで為っている。


スポンサードリンク

冷え性の原因にかんして

冷え性,改善,方法

相当の女性を苦しめている冷え性だが、冷え性は、体が不調を訴えているサインだ。
自身の冷えの原因は何なのかを考慮して、冷え性改善に努めよう。
多かれ少なかれ、相当の人の冷え性の原因として食生活があげられる。
食物には体を冷やす効果のあるものが有る。
これらを全く口にしない方が良い、と云うわけじゃない。食事は釣り合いが肝心だ。
体を温める効果のある食物を中心にして、冷やす効果のある食物も取り入れながら食事をするようにすべきだろう。
冬に美味しいチョコレートや、ジャンクフード等は、体を冷やすのみでなく、血液の循環も悪くしてしまう。摂取のしすぎに注意すべきだ。
冷たい飲み物も良くない。水分をとる事は肝心なのだが、冷たい飲み物は体を冷やし、血液の循環を悪くする。
牛乳やコーヒー、緑茶は温かくして飲んでも体を冷やす原因になる為、可能な限りやめよう。やっぱり温かい紅茶やココアがお勧めだ。
ストレスという心理的負荷と冷え性も大幅に関係している。
ストレスという心理的負荷を実感すると自律神経の釣り合いが乱れてしまう。
自律神経の乱れは、血液の循環を悪くしてしまう為、冷え性の原因となるのだ。
また、ストレスという心理的負荷を実感して暗い気持ちでいると、体を温めるエネルギーが不足して、寒さに対しての抵抗力が落ちてしまう。
夏場の冷房も冷え性の原因だ。
本来なら、夏は暑くて汗をたくさんかく季節だ。
だが冷房が効きすぎている部分ばっかりにいて、夏でも汗をかく機会がおおくはない人は少なくないのじゃないだろうか。

汗をかく回数がおおくはないと、新陳代謝が低下してゆくのだ。


冷え性の改善に効く食物にかんして

冷え性と食物には、大きなつながりが有る。
冷え性で苦しんでいる人は、1日でも早く食生活を改善して冷え性改善に努めよう。
食物は体を温める機能がある[陽性]の食物と、体を冷やす[陰性]、どちらにも属さない[中性]の食物とに分類出きる。
陽性の食物のみを口にすれば良い、と云うわけでもなく釣り合いの良い食事をとる事が1番だ。
冷え性改善の対策には、陽性の食物を中心にして、陰性、中性の食物もちょっとずつ少しずつ取り入れるようにすべきだ。
陽性の食物にはどのようなものがあるのだろう。
体を温める、陽性の食物は寒い土地で出きる野菜が少なくないとおもう。
代表的なものは、しょうがやねぎ、にんにくやごぼう等だ。
旬の野菜は、栄養分も豊富な為、可能な限りなるべく積極的に口にするようにすべきだろう。
体を冷やす陰性の食物は、陽性の食物とは反対に、暑い土地でとれる野菜が少なくないとおもう。
代表的なものには、トマトやきゅうり等が有る。
同じ野菜でも、生で口にするよりも加熱して口にする方が冷え性の改善としては良いのだ。
スープや味噌汁で、野菜をとるようにすると良い。
これ以外にも、現代人が好んで口にする、砂糖や合成甘味料、スナック菓子、チョコレート等も陰性の食物だ。
血液もドロドロにして循環を悪くさせる為、食べすぎには注意すべきだ。
それでも甘いものは美味しい。どうしても甘いものを口にしたくなったら、さつまいものおやつはどうだろう。

さつまいもは血行をよくして、体を温かくしてくれる食物だ。
冷え性の改善対策にはベストの食物な為、焼き芋等にして美味しく戴くと良い。

冷え性を改善するレシピについて

冷え性を改善するには、毎日の食生活を改善する事が肝心だ。
体を温める食物を中心のレシピに、釣り合いの良い食事をする事が1番だが、食物を調理する時のスパイスにも、冷え性に良いものがたくさん有る。
世の中、体を温める効果のあるスパイスが少なくない為、毎日の食事のレシピに上手に取り入れよう。
料理をする時に良く使用する[こしょう]にも、胃腸を温めて具合をアレンジする活動が有る。
1番体を温める効果のあるスパイスは唐辛子だ。
温湿布の成分にも使用されている唐辛子は、口にすると体がポカポカしてくる為、いかにも冷え性改善のレシピに良さそうだ。
唐辛子に包括されるカプサイシンが要点であるためだ。カプサイシンには、体温をアップさせ、血液の流れも良くしてくれる活動が有る。
また、脂肪を分解するホルモンだ、アドレナリンの分泌も誘ってくれる為、ダイエット効果も待望出きる。
とうがらしは乾燥のものや、粉末状のものが良く販売されているが、毎日の食事のレシピの中に取り入れていく事はどのようにしてもむずかしいようだ。
中華調味料の豆板醤や、チリソース、また七味唐辛子等を可能な限りなるべく積極的にレシピに入れてみると良い。
毎日のメニューのレパートリーも増加しそうする事だろう。

冷え性改善グッズ・入浴剤にかんして

冷え性を改善する為には、温かいお風呂で体の芯から温まる事が1番だ。
さら湯のままのお風呂でも温まる事は出きるが、さら湯のままでは、塩素がたくさん包括されている。
殊更に1番風呂は、湯が硬く、体の中のミネラル成分が漏出して、カサカサやかゆみの原因になる。
入浴剤を上手に使い、お肌の保湿効果や保温効果をアップさせよう。
近頃では、多種多様な入浴剤が販売されている。
おシャレなパッケージに入っているものや、色や香りが良いもの等、パッと見の良さに惹かれてしまうが、中には香りのみがつよいものや、硫黄成分を使用していて、浴槽をいためてしまうもの等も有る。
冷え性を改善するための入浴剤を選択する時の要点には、以下のような事が有る。

 

保温、保湿効果が優れている

息抜き効果がある

浴槽や風呂釜をいためない

 

お勧めの物は、ショウブやどくだみ、よもぎ等の薬草や、松や桧等の製油が入った薬用入浴剤だ。
自然のものを主成分に使用しているものなら、体にも優しく、息抜きできそうだからだ。
ちっぽけな子供がいるから、入浴剤はちょっと・・・・・・と云う人は、塩を入れてみても良いのものだ。
塩化ナトリウムはやめて、海の塩や岩塩等、天然のものを使用しよう。
1つかみ入れるのみで、血行促進や保温効果、新陳代謝もアップする。

冷え性の改善対策方法・ストレッチ運動にかんして

冷え性の改善対策方法には、釣り合いの良い食事と適度な運動が肝心だ。
家の中でも途方もなくシンプルに出きる運動として、ストレッチ運動をスタートしてみてはどうだろうか。
すぐに冷え性の改善対策方法としての結果を求めようとはせず、毎日地道に継続していく事で、冷え性はちょっとずつ改善してゆくのだ。

 

以下は、シンプルな足の運動だ。

両手を頭の後ろで組み、両足は肩幅よりややオープンした具合で立つ。
背筋をのばして、息を吸いながらしゃがみ、吐きながら立つ。
ゆっくり5から10回レベルくり返す。

時々休憩しながら、無理をせず続けよう。
胸は出きる限り前に出し、顔は正面を閲覧するようにする。
骨盤の歪みを治す効果も有る。

 

もっとシンプルに、台所に立ちながらでも出きる運動も有る。

両足をややオープンした具合で立つ。
かかとをゆっくり上げ下げする。
初めはゆっくり、徐所にスピードアップしてゆくのだ。

 

他のスクワット運動と合わせて代わる代わる実践しても良い。

 

デスクで仕事をしている人は、座りながらでも出きるストレッチも有る。

座ったままの具合で、足を床に水平に上げる。上げられない時は、そのままでもOKだ。
足の指を内部に曲げてグー、指を拡大してパー、グーパーグーパーとくり返す。

 

これ以外に、つま先を上に向けたり、足首を回したりするのみでも効果的だ。
座っている姿勢やポーズやポーズやポーズが少なくないから、時間がないから、と運動はムリと諦めずに、こうした少しばっかりの事でも冷え性の改善対策方法に成る。
やや気持ち転換したい時等、可能な限りなるべく積極的に実践してみて欲しい。

冷え性の改善対策方法・足湯にかんして

冷え性を改善するには、ぬるめの湯に、ゆっくり入浴する半身浴等が効果的だが、もっとシンプルに体を温める方法に[足湯]が有る。
足湯とは、足のみを温める入浴法だ。
上半身はそのままで、下半身からジワジワ温まってくる足湯は、冷え性の改善対策方法に良いのみでなく、足のむくみや疲労感をとるのにも効果的だ。
また、すぐに息抜き出きる為、ストレスという心理的負荷改善にも実に良いのだ。
好きなテレビを目にしたり、本を詠んだり、好きな音楽をかけてお茶を飲んだり、また、家族と団欒しながらでも良い。
どのような時であってもどこでも、シンプルに出きるところが足湯の喜ばしいところだ。
こたつやストーブで、足を温めるのとはちがうの?と云う人もいるかも知れない。
同じように足を温めても、やっぱりこたつやストーブでは全く冷え性の改善対策方法としての効果が相違する。
こたつやストーブで一時的に温めても、皮膚の表面のみが熱くなるのみで、すぐに冷たくなる。
体の芯まで、ガッチリと温めるには、やっぱり温かい湯を使用する事が1番であるためだ。
冷え性が酷い人は、足湯をスタートする前に、ふくらはぎをマッサージして足先の血行を良くしておこう。
足をつけておく時間は、最低でも10分レベルで、汗ばん出きるまでじっくり実践する事が肝心だ。
1日に数回実践すると、冷え性の改善対策方法として効果的であるためだ。

冷え性の改善対策方法・温冷浴にかんして

冷え性の改善対策方法には、ぬるめの湯にゆっくりつかる[半身浴]が良いと云われているが、熱い湯が好き、と云う人は、[温冷浴]はどうだろう。
温冷浴とは、熱い湯と冷たい水を代わる代わる浴びる入浴法だ。
半身浴は、体の芯までガッチリ温めて新陳代謝と血液の循環を良くする冷え性の改善対策方法だが、温冷浴は、血管を萎縮させて熱を閉じ込めて、体の保温効果をアップする冷え性の改善対策方法だ。
冷え性の人は、ガッチリお風呂で温まっても、すぐに体が冷えてきてしまう。
これは、温まって拡大した血管が、湯上り後もずっと拡大したままでいる為に、体内の熱がどんどんアウトプットされてしまうためだ。
温冷浴は、拡大した血管に冷たい水をかけて血管を萎縮させ、熱を閉じ込めた具合にして、温かさを持続させると云うわけだ。
サウナに入ると、隣に水風呂が置いて有る。
これも、温冷浴と同じ原理だ。サウナで温めた体の熱を、冷水に入る事に拠って体内に累積させるのだ。
冷え性の改善対策方法としての温冷浴の方法は、まず、熱めの湯に3分ほどつかる。
体に負担のかからないよう、半身浴か腰湯にしておこう。
次に浴槽からでて、手や足に冷水を10秒間ずつ、3、4回くりかえしかける。
再度お風呂に入り1分、次に冷水、と云う感覚でこれを7回程くり返す。
温冷浴は、自律神経のアレンジ機能をアレンジする効果もある為、冷え性の改善対策方法としてのみでなく低血圧の改善にも良いのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%86%B7%E3%81%88%E6%80%A7&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック