後期高齢者医療保険制度とは? 後期高齢者医療保険制度の概要を講釈

後期高齢者医療制度の概要と法律の変更にかんして

後期高齢者,医療制度,保険

2008年4月1日、いよいよ後期高齢者医療制度にかんした法律が施行された。
後期高齢者医療制度に拠って、年金から保険料が自動引き落としされ、混乱を招いている。
現実的に、まだ後期高齢者医療制度の講釈が行き届いていない状況で法律が施行された為、今1つ後期高齢者医療制度の法律の仕組みを了承出きていないと云う人は相当おおく、このような状況におちいった現状もなお、充分な講釈は成されていないのが現状だ。
ここでは、まだ後期高齢者医療制度にかんした法律にかんしてどういったものなのか掌握しきれていないと云う人に対し、どういったプロセスでこの制度が誕生したか、概要を講釈する。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度だ。
後期高齢者医療制度は、他の健康保険とは独立している。
なお、この名称は、施行日の当日に長寿医療制度と変更された。
この変更にかんしても、あまり良い印象を所有していない人が少なくないようだが、変更した以上は、現状以降もこの長寿医療制度と云う呼び名でいくと云う事に成るのだろう。
まず、後期高齢者医療制度は75歳以上の人にうまく利用される医療保険制度だと云う事と、後期高齢者医療制度=長寿医療制だと云う概要を了承しておこう。
この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)は、元々は国の医療制度改革の一環として発案されたものだ。
高齢者の医療は、これまで老人保健法と云う法律のもとで実践されてきており、その法律は高齢者の医療に対して負担を可能な限り少なくしようと云うものだった。
その分の負担は国や都道府県、市町村からの負担金や健康保険等で賄ってきたのだ。
しかしながら、近年社会が高齢化に拠って高年齢層の人々が増加し、上記の金銭のみでは賄えなくなってきた。
その補填を実践する為に、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が誕生したと云うのが後期高齢者医療制度の概要だ。


スポンサードリンク

後期高齢者医療制度の医療費、保険料、広域連合にかんして

後期高齢者,医療制度,保険

老人保健法と云う法律による医療制度に於いて、医療機関に支出した医療費の自己負担額は、普通1割、現役並みの所得者に於いては3割と云う基準が設けられていた。
これは、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)でも変わりはない。
医療費負担額の割合は、1割ないし3割で固定だ。
では、なぜ高齢者の負担が増していると報道されているのだろうか。
その原因は、広域連合に支出する保険料に有る。
老人保健法と云う法律による医療制度、つまりは今までの制度では、健康保険に加入している人に扶養されている高齢者の人にかんしては、広域連合に支出する保険料は免除と為っていた。
しかしながら、ここでの長寿医療制度(後期高齢者医療制度)では、75歳以上、もしくは65歳以上で一定以上の障害を所有している人は、健康保険から強制的に脱退され、県の後期高齢者保険に加入する事に成るのだ。
よって、これまでのような広域連合に支出する保険料の免除は受けられなく成った。
加入者全員が広域連合に対して保険料を支払わなければならない。
プラスして、年間18万円以上の年金需給を受けている人にかんしては、この年金から保険料が天引きされる。
これが、4月1日以降世間を騒がしている原因だ。
また、中には4月から保険料が必要に成る事を知らなかった人もたくさんいるし、高齢者の医療制度が変わる事も興味ない人は大勢いたようだ。
情報化社会が叫ばれて久しいものだが、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の普及はどのようにして上手くいっていないのが現状のようだ。


後期高齢者医療制度のシステムにかんして

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)システムが2008年4月1日に実施されて以降、多種多様な社会問題が生じ、そして多種多様な報道がなされてきている。
ただ、これらの報道に拠ってもたらされる情報のおおくは、トラブル続出の本質的なところと云うよりは、シンプルに社会に騒ぎがおきた事を云っているのみ、と云う印象で、有益な情報とはあまり云えない。
そこで、ここでは長寿医療制度(後期高齢者医療制度)システムのおぼえておくべき要点にかんして、このシステムの該当者、もしくは該当する人が家族の中にいると云う人の役に立てるような情報を提示したいとおもう。
まず、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)システムに拠って、健康保険から県の後期高齢者保険へと移行する事に成る。
この移行する人数は、おおよそ1,300万人と云われている。
これは、全人口の10%に当たる75歳以上の高齢者にプラスし、65歳以上の一定の障害を所有した人達を足した数と云う事に成る。
そして、これら1,300万人の内、これまでは被扶養者扱いだった為に保険料が必要ではなく、後期高齢者医療制度のシステムに拠って保険料が必要となった人達はおよそ200万人と云われている。
新たに生じる保険料は一月あたりに平均6,000円レベルと云う計算な為、200万×6,000円=120億円が毎月国にこれまでよりおおく収められる事に成る。
途方もなく莫大な金額だ。
それでも、日本の医療費は年間31兆円、そのうち国が出しているのは8兆円と云う事を考慮すると、この後期高齢者医療制度のシステムがどのレベル社会のプラスに成るのかは、正直不明であるためだ。

後期高齢者医療制度の効果にかんして

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の制定に拠って、国は医療費の確保の効果を待望出きると講釈している。
だが、この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に拠って得られる保険料が、本当に医療費にあてがわれる効果があるのかは、ハッキリ云って解からない。
政府の試算講釈によると、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)になった事で新たに負担される保険料額は、一世帯当たりの全国平均で年間72,000円だそうだ。
つまり、月に6,000円となる。
更に、介護保険料は全国平均で4,000円レベル事で、高齢者のおおくは年金から月10,000円レベルの天引きがされる事に成る。
全国の人口の1割が75歳以上と云われている現状で、これほどの徴収がなされるとなると、相当な額が動作するのは想像にむずかしくない。
これでも、未来の医療が良くなる、良い効果が現れるとは到底おもえない。
その理由は、現状の医療のシステムに有る。
現状の医療は、まずドクターが足らない。
そして、看護士も全然足らない。
こうする事で、ドクターや看護師は大きな負担を無理やり力を強制されている。
ドクターはまだしも、そのような状況で看護士に照準を合わせる人が増大するはずもなく、現状以降老人医療はそのサービスが途方もなく難しくなってゆくのだ。

後期高齢者医療制度と舛添厚生労働相の対応にかんして

現状、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の問題が社会で賑やかに為っている。
連日、テレビをつければこのニュースが実行していると云うくらいのものだ。
そのような中、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)にかんして1番良く聴かれるのが、以下のような言葉だ。
[長寿医療制度(後期高齢者医療制度)は、高齢者の医療負担を大幅にするのではなく、全国民の保険料を平均化する事で、負担の差をなくし、高齢者の医療費を確保可能にする為の制度だ]
これを成し遂げたとしても、これは本当なのだろうか。
まず、与党内部でもあまり意見の統合化が成されていない。
町村信孝官房長官は[7、8割の人は保険料が下がる]と発言したのに対し、舛添要一厚生労働省の大臣は[そうとは限らない]と云っていた。
これが何を意味するのかと云うと、結局の所、制度を制定した本人達も、その効果にかんしては不透明だと云っているようなものだと云う事だ。
この制度の狙いは、医療費の捻出に有る。
もっと露骨に云えば、国の医療負担を低減させる為とも云えるだろう。
その狙いがある以上、平均化する事で保険料負担が消耗する人がおおくなる、と云うのはあまりに懐疑的な意見だ。
舛添厚生労働省の大臣がこういった意見を否定したのは、ただしい選択と云えるだろう。
ただ、舛添厚生労働省の大臣にしても、まだ曖昧な答弁がおおく、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)自体が芯のしっかりとした制度とは言い難いと云う状況だ。
制定が時期尚早だと揶揄されるのも無理のない話だろう。

後期高齢者医療保険制度の保険料滞納者の処分にかんして

後期高齢者医療保険制度の保険料と滞納者にかんして講釈したいとおもう。
長寿医療制度(後期高齢者医療制度)と云う法律が施行された事で殊更に大幅に変わった点の1つに、保険料の滞納者に対する対応と処分が挙げれる。
これまでとちがい、この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に於いては、おおくの高齢者が年金からの天引きに拠って保険料をおさめる事に成る為、意図的な保険料の滞納者はおおくはないとみられている。
だが、中には保険料を現金でおさめる人もけっこういる。
およそ250万人、全体の2割の人が該当すると云われている。
こういった人々が保険料を滞納したケースの時、どうなるのだろうか?
答えは、国民健康保険と同じような扱いに成る。
これまでは、75歳以上の老人医療需受給対象者にかんしては、被扶養者であれば保険料は免除だったし、そうでない人が保険料をおさめなくても、保険証が取り上げられると云った事にはならない事だった。
しかしながら、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に於いては、保険証が取り上げられ、代わりに資格証明書が発行されるように成った。
そうなると、一時的とは言え、病院等での支払いは全額負担となる。
申請すれば後期高齢者医療広域連合から一部負担金以外の額は支給されるのだが、もし手元にまとまったお金がないケースの時は保険料の滞納者となり、途方もなく困った事に成る。
これまでとちがい、保険料の滞納者に対しては相当厳しくなったと云える。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%AB%98%E9%BD%A2&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック