予防医学とは? 予防医学と虫歯の予防方法

予防医学と日本予防医学協会の取り組みにかんして

予防医学

毎朝のウォーキングを欠かさない人等、各々の試行錯誤で自身や家族の健康を守っている事とおもう。
現状、こういった具合に健康志向が拡大する中で予防医学の肝心さが非常につよく謳われている。
日本人の他界原因の上位に挙げられる疾患は[がん、心疾患、脳血管疾患]で在り、これら生活習慣病はただしい知識を持ち、日頃の生活習慣を改めれば、未然に病気を防ぐ事が出きるものでもある。
その為、未然に病気を防ぐ予防医学が勧められているのだ。
また、直接命にかかわる病気を予防するためのみでなく、健康的な生活を送る妨げとなる多種多様な症状(花粉症、虫歯、頭痛等・・・・・・)を防ぐ為に取り組む事も予防医学の1つと云える。
予防医学として自身の健康は自身で守る事の必要性があらためて認識されてきている背景には、急速に進む高齢化社会がある。
現状、バリバリ活動している相当の人達が高齢をむかえた時には、[誰かがお世話をしてくれる]と云う考えでは通用しない世の中に為っているだろう。
医療費の自己負担額も2割から3割へと上がっているが、これは現状以降も上がっていく事が予測される。
あたりまえの事だが、予防医学により健康な体で余暇をエンジョイする為にお金を費やしたいものだ。
ついでに予防医学は都道府県ごとに取り組み方がちがい、日本予防医学協会によると関東では神奈川県と東京都、関西では兵庫県と京都センター、更に石川県等が盛んなようだ。
更に、近頃では衛生学公衆衛生予防医学ドイツ中欧なるものまで注目されているようだ。


スポンサードリンク

歯磨きの仕方と予防医学にかんして

予防医学

自身の歯の具合に気を配っている人は、どのくらい居るのだろうか。
常に気を配っている人のおおくは、虫歯や歯肉炎等の病気の深刻さを熟知している人だろう。
虫歯を防ぐ事も予防医学の1つと云える。
[虫歯予防には歯磨き]これは基本的な事だが、ただしく磨けている人は意外とおおくはないものだ。
歯ブラシを力一杯ゴシゴシシフトさせて磨く人がいるが、この磨き方はそれとなくスッキリと実感するわりに、歯の表面の汚れは意外と落ちていないのだ。
それは歯ブラシを歯につよくあてる事で毛の部分がオープンしてしまい、毛の先端で歯の表面を磨けていないからだ。
予防医学として1本ずつ磨くつもりで細かく歯ブラシをシフトさせる。
ちょうど、鉛筆をもって直径5mmくらいの円を塗りつぶす時のような手の動きで歯を磨くと良いと云われる。
また予防医学としては、1本の歯に20カウントしながら磨くと理想的だ。
こういった具合に全部の歯にじっくり時間をかけて磨くと、たいへん時間がかかってしまうが、テレビをジックリ観ながら、歌を聴きながら、等[ながら磨き]をすると気にならないと云う人もいる。
日常の積み重ねが結果につながると云うのは、予防医学の基本だ。


予防医学と歯ブラシの選び方にかんして

予防医学には、感染症にかからないための予防接種や早い時期に病気を発見するための検査等も包括される。
予防医学として例を挙げると、たぶん殆どの人が毎日やっている歯磨き。
皆さんはどのような道具を使用して磨いているだろうか?
大抵の人は歯ブラシのみを使用して歯の清潔をキープしている事だろう。
歯ブラシと云ってもその種類はたくさん在り、スーパーやドラッグストアで歯ブラシコーナーを閲覧すると素材や形状、大きさも多種多様で予防医学としてどれが良いのか戸惑ってしまう。
まず歯ブラシの毛の材質だが、豚毛等の動物性たんぱく質で出きたものは口の中の雑菌が付着しやすく、ナイロン製のものに比較して不衛生になりやすい。
その為、透明のナイロン製のものを選択すると良いとおもう。
形状では、毛先が山型にきざきざカットされたものがあるが、一見歯の形にフィットするようにみえて、現実は上手く磨けない事が少なくないとおもう。
歯の形は人各々、更に同じ人でも歯の部分に拠って出っ張り具合等もちがう為、ギザギザカットではかえって毛が上手くあたらない事があるのだ。
予防医学としては毛先は平らにカットされたものが良いだろう。
また、毛先が球状に為っているものや、極端に細すぎるものも、歯垢が取りきれない時もある。
予防医学としてヘッドの部分は小さいほうが、狭いところも磨きやすく、角度を変えて擦る事もやりやすいとおもう。
予防医学として毛の硬さは、歯茎が腫れて痛みが走る時等はやわらかめ、磨く力の弱い人には硬め、そうでなければ普通の硬さで良いだろう。
予防医学と耳にすると何だかたいへんそうと考慮してしまう人もいるかも知れないが、歯ブラシ1本で出きる事と考え、気楽な気持ちでスタートしてはどうだろうか。

予防医学と虫歯予防のための歯磨きグッズにかんして

予防医学と耳にすると[病気を未然に予防する]事と把握されるが、広い意味ではケガの予防や体的・心理状態の健康の増進を図る事も目的として包括されている。
身近な事では、虫歯の予防もこれに包括される。
予防医学とはそのようなに難しく構える事ではなく、日常の生活の中で出きる事だ。
予防医学として皆さんは歯ブラシ以外の歯磨きグッズを使用した事があるだろうか?
予防医学として丁重に歯を磨く習慣がついている人は、歯ブラシのみでもたぶん虫歯や歯肉炎等に苦しむ事はないだろう。
しかしながら、現状はべんりでシンプルな歯磨きグッズも多種多様と販売されている為、予防医学として何種類か案内したいとおもう。

 

デンタルフロス

柄のついた糸ようじと同じように、歯間の汚れを落とすものだ。
デンタルフロスは40pくらいの長さに切って両手の指に巻きつけてうまく利用する。
両手をやさしくシフトさせてこすると、歯ブラシでは取りきれない歯垢も取り除く事が出きる。

 

インタースペースブラシ

毛先が筆ペンのような形をしている歯ブラシだ。
普通の歯ブラシでは届かない部分が磨きやすく、歯の矯正器具を付けている人には殊更に役立つ一品だ。

 

フッ素ジェル

自身の家でうまく利用出きるものは低濃度の為、歯科医院で購入出きる。
虫歯予防には低濃度のフッ素ジェルを毎日継続して使用する事で効果が得られると云われている。
高濃度のフッ素溶液は歯科医院や保健センター等で塗布してもらえる為、継続的(3ヶ月おき)に通うとより高い効果が得られるだろう。

予防医学と赤ちゃんの検査・・・・・・先天性代謝異常検査にかんして

予防医学の中には、早い時期に病気の可能性を発見し対処すると云う要素も包括されている。
それは、多種多様な検査や健康診察の実施と云う形で実行されている。
予防医学として、赤ちゃんが誕生して初めて受ける血液検査はたぶん先天性代謝異常検査だろう。
先天性代謝異常症とは、遺伝子の変異により特定の酵素が欠損してしまい、関係する代謝のプロセスに問題が生じてしまう疾患だ。
生じる頻度は数万人に1人とおおくはないのだが、知的な発育が遅れたり、体的には異常が生じる等の障害が生じる事が問題であるためだ。
先天性代謝異常症は治療が困難なものが少なくないが、中には予防医学として早い時期に発見、早い時期に治療する事により知的障害に陥るのを防げるものもある。
予防医学の一環として、検査は大抵、出産後の入院中に(5から7日目)に実践される。
赤ちゃんのかかとの部分から採血し、検査機関にまわして結果を待つ。
赤ちゃんの採血をする際に母親が立ち会うかどうかは、その病院の方針によるが、もし赤ちゃんが驚嘆して泣いてもそのようなに相当の血を採るわけじゃないので懸念しなくてよい。
ホモシスチン尿症、フェニールケトン尿症、メイプルシロップ尿症、ガラクトース血症、クレチン症、副腎過形成症、の疾患にかんして吟味する事が出きる。
予防医学として先天性代謝異常の治療は、こういった具合に誕生して間もない時期に検査発見し、症状が現れる前に適切な治療を開始する事が必要だ。
このような、病気の可能性を発見し重傷化を防ぐための検査も予防医学の1つだ。

予防医学には転倒事故の予防も包括されるのか?

高齢化が進み、自身の健康は自身で守る必要に迫られた世の中になってきた。
病気やケガから自身の身を守るための予防医学にかんして、個々が考慮していかなくてはならない。
予防医学と云ってもむずかしい事ではなく、日常の少しばっかりの気配り等でケガや病気は防げるものだ。
お年寄りに成ると増大する、転倒によるケガ。
殊更に骨は年齢が増大すると同時にもろくなってくる為、ちょっと転んだくらいですぐに骨折してしまうのだ。
そして骨折を治す為に横になって過ごし、就寝したきりの生活を招いてしまう・・・・・・と云う悪循環に陥ってしまいがちだ。
そのような事にならないよう、予防医学として毎日の生活の場で危険な部分がないか、現状いっぺん点検してみよう。
電気コードはあちこちに這わせず、巻きつけるグッズ等を使用して纏めておこう。
カーペットの少しばっかりのメクレ等も危険だ。
階段を利用しない人もいるかとおもうが、予防医学としてもし生活の中で使用する必要がある時は滑り止めを出っ張らないようにつけると良いだろう。
これも予防医学の一環だが、手すりは、階段のみでなく廊下、浴室、トイレにも必要だ。
手すりに手をかけて動作をしていれば、万が一何かにつまずいても激しく転倒する事は防止出きる。

予防医学の分類方法:1次予防、2次予防、3次予防にかんして

予防医学は、病気を未然に防ぐ事のみでなく、病気になってしまってからでも進展を制御したり遅らせる事も予防と把握する。
また、病気の再発を防ぐ事も予防医学に包括される。
この事に基づき、予防医学は、1次予防、2次予防、3次予防に分類される。
予防医学の1次予防は、病気にならない体つくりだ。
生活習慣を改善し、健康的な体をキープすると同時に、感染症の予防接種を受ける等して病気を寄せ付けない体にする事だ。
予防医学の2次予防とは、病気になってしまったとしてもそれを定期健診や検査で早い時期に発見し、適切な治療や生活指導等の対策を実践し、病気の重傷化を防ぐ事だ。
予防医学の3次予防とは、病気を治療するプロセスで、リハビリテーション訓練や保健指導等により、機能回復を目指し病気の再発の予防に努める事だ。
予防医学として例を挙げると、がんの予防にかんしていうと、がんにならない為に煙草をやめたり食事に気を付けたり感染症の対策を実践する事が1次予防となる。
そして不幸にもがんになってしまった時、がんが見つかっても命を落とさない為に検診を実践する事が2次予防となる。
こういった具合にして閲覧すると、予防医学として、1次予防、2次予防は医療機関で実践すると云うより、我々個々が普段から意識して取り組む内容だと言えそうだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






マクロビオテック