Webデザインとパソコン資格 マイクロソフトやWebデザインのパソコン資格の取り方

マイクロソフト主催のパソコン資格[マイクロソフト オフィス ペシャリスト]にかんして

パソコン,資格,Webデザイン

パソコンにおけるマイクロソフト関連のソフトは世界中に普及している。
そのマイクロソフトが主催となって世界中で実施されている試験の1つに[マイクロソフト オフィス ペシャリスト]がある。
マイクロソフトオフィスは世界中でうまく利用されており、その操作方法を世界共通の基準で判定する試験となる。
ワードやエクセル、パワーポイントと云ったマイクロソフト関連の操作方法にかんした試験だ。
[マイクロソフト オフィス スペシャリスト]の資格を照準を合わせる人は20歳代、30歳代が全体の約8割を占めているようだ。
[マイクロソフト オフィス ペシャリスト]は、就職時に有利な資格として、大学生の受験も目立つようだ。
パソコンをうまく利用したワードやエクセル等は、殆どの企業でうまく利用されている為、この[マイクロソフト オフィス ペシャリスト]と云う資格は就職時に有利な資格だ。
この[マイクロソフト オフィス ペシャリスト]、転職や再就職を控えている人のみでなく、派遣社員として活動している人の受験も目立つようだ。
ワードやエクセル等は、事務職の人のみでなく、多種多様な職種の人にうまく利用されているソフトだ。
どんな、会社に転職するにしても、実務経験が重要視されるが、転職を希望している人の中には実務経験がおおくはない人もいる事だろう。
[マイクロソフト オフィス ペシャリスト]と云う資格は、このような人にお勧めのパソコン資格でもある。
実務経験がおおくはない分、実技資格を保持していると云う点をアピールする要点にしてみてはどうだろうか。
この[マイクロソフト オフィス ペシャリスト]と云う資格は就職や転職に途方もなく有利な資格だと云われている。
なぜなら、採用する企業側も即戦力を求めているからだ。


スポンサードリンク

マイクロソフト主催のパソコン資格と[マイクロソフト オフィシャル トレーナー]にかんして

パソコン,資格,Webデザイン

マイクロソフト オフィス製品のうまく利用方法を指導する人の事をインストラクターと云うが、そのインストラクター向けの資格は[マイクロソフト オフィシャル トレーナー]と云われる。
このマイクロソフト オフィシャル トレーナーの実技試験に[マイクロソフト オフィス スペシャリスト]が採用されている。
つまり[マイクロソフト オフィシャル トレーナー]の資格を取得したい人は、まず[マイクロソフト オフィス スペシャリスト]の合格が必要となるのだ。
ワードのトレーナー資格が欲しい人はワードのスペシャリストの合格が、そしてエクセルのトレーナー資格が欲しい人はエクセルのスペシャリストの合格が必要となる。
その為、最新のバージョンが発売されるたびにパソコン教室のインストラクターが受験するようだ。
また、インストラクターの人達は、仕事の幅を拡大させる為に相当の科目(ワード、エクセル、パワーポイント等のソフト)に挑戦していくようだ。
マイクロソフト オフィス スペシャリストの試験レベルには、スペシャリストレベルとエキスパートレベルがある。
スペシャリストレベルと称されるクラスは[マイクロソフト オフィス]の基本的な機能をうまく利用して、効率よく事務を実践する事が出きるレベルとなる。
エキスパートレベルでは、[マイクロソフト オフィス]を使いこなし、目的や使い道に応じてパソコンとソフトの環境設定が可能な限りでなく、高度な機能を駆使して事務をこなす事の出きるレベルだ。
つまり、エキスパートレベルともなると、日常業務におけるパソコンのスペシャリストと呼称しても良いかも知れない。


マイクロソフト主催のパソコン資格にかんして

パソコン教室のインストラクター等に転職や就職を考慮しているのであれば、マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を取ろう。
マイクロソフト オフィシャル トレーナーとは、マイクロソフト製品にかんした製品や実技試験に合格する必要がある。
ここでいう実技試験とは、[マイクロソフト オフィス スペシャリスト]試験となる。
これらの試験に合格後、現実に指導する方法にかんしてのトレーニングを受けると、マイクロソフトに拠って認定される事に成る。
マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を有するパソコン教室は[マイクロソフト オフィシャル トレーニングスクール]として認定される。
このスクールに認定される事は、マイクロソフトに認められた教室と云う事に成る為、生徒も集まる事だろう。
その為、この資格を所有していればパソコン教室等に転職や就職する際は途方もなく有利となるのだ。
この資格には適切期限があるので注意が必要だ。
つまり、この資格者として認定される為には、最新バージョンか1つ前のバージョンにかんした試験合格者だ事が必要となる。
ずいぶん古いバージョンで試験に合格していたとしても、トレーナーとしては認めてもらえないようだ。
[マイクロソフト オフィシャル トレーナー]を照準を合わせるのであれば、常に新しいスキルを吸収すると云う必要がある。
パソコン教室のインストラクターが驚愕するほど最新バージョンのソフトにかんして詳しいのは、このあたりに理由があるようだ。

インターネット関連のパソコン資格にかんして

パソコンをうまく利用してインターネットを使いこなす能力の事を[ITテラシー]と云う。
ITテラシーの能力を客観的に評価し、この能力の高い人に対して認められる資格は[IC3]と云うだろう。
ついでに、IC3とは[Internet and Computing Core Certification]の略語だ。
IC3は、ITテラシーの能力を客観的に評価する事を目的として、2002年に策定された資格試験だ。
パソコンを使いこなす能力と云っても、その領域は多種多様に渡る。
パソコンが得意と云っても、インターネットが得意であったり、ワープロソフトが得意であったり、その領域は多種多様だ。
インターネットは充分に使用できてもワープロソフトの操作が出きない、と云う人もいるとおもう。
ネットサーフィンは何時も実践しているが、OSにかんしては全く分かる事が出きないと云う人もいるはずだ。
パソコンのソフトは使いこなす事が出きても、パソコンのセットアップやフリーズ等のトラブルに対処出きない、と云う人も少なくないとおもう。
IC3と云う資格は、パソコンのみならずプリンタ等のハードウェアにかんした知識を求めている。
勿論ウィンドウズの知識と操作方法にかんした能力の高さも求めている。
ワープロソフトや表計算ソフトにかんしたスキル、ネットワークやインターネットにかんした知識も必要となる。
IC3資格を取得する為には、多種多様なパソコン環境に適応出きる能力と知識が必要となってくるのだ。
また、パソコンにトラブルが生起した時の対処方法にも詳しくなくてはならない。
その為、IC3資格を所持していれば企業からも重宝される為、就職や転職に有利と云える。

インターネット関連のパソコン資格にかんして

IC3資格はパソコン初心者やソフトウェアは使いこなす事は出きるけど、ハード面にかんしての知識がおおくはないと云う人にお勧めの資格だとおもう。
パソコンの初心者は、[どんな事を勉強したら良いのか]等の事を考慮した時、IC3の学習を通して基本をマスターしてみてはどうだろうか。
パソコンソフトにかんした知識が豊富な人も、この資格に対する学習を通してトラブルに対する対処方法等をマスターして欲しい。
IC3の試験をクリアする事で、パソコンのソフトとハードにかんした基本知識と操作方法を習得する事が出きる。
IC3はそれほどむずかしい資格じゃないと云われている。
パソコン初心者でも、あるレベルの勉強をすれば合格する試験だ。
パソコンにかんした資格として第1歩の目標とするにはたいへん良い資格だとおもう。
IC3資格を取得後、余裕があるようであれば[マイクロソフト オフィス スペシャリスト]等を照準を合わせる事も良いだろう。
また、ネットワーク関連の資格にチャレンジしてみても良いかも知れない。
IC3資格試験は世界共通の資格試験だ。
そして試験内容は科学的な分析に基づいてレベルが常に一定にキープされていると云う秘訣がある。
また、パソコンの世界は日進月歩で常に技術は成長している。
その為、最新の技術と知識が試験に網羅されるように、2年に1度世界中から関係者が集まって出題内容等、試験内容が改善されているようだ。

パソコン上級者の為の資格にかんして

マイクロソフト製品にかんして高い知識を持ち、高いレベルの技術試験に合格した人にはMCPと云う資格が贈られる。
この資格を所有する人はパソコン上級者におおく、MCPとは[Microsoft Certified Professional]の略語だ。
MCP資格を保持している人は、プログラマーやトレーナー、システムエンジニアやシステムインテグレータ等の職業に就く人が少なくないようだ。
日常パソコンをうまく利用して仕事をしている人が照準を合わせる資格だと云えるだろう。
MCPはMCPプログラム(マイクロソフト認定技術資格制度)をクリアする事で取得する事が出きる。
MCPプログラムは日本やアメリカをはじめとして、世界中どこでも実施されている。
試験問題はアメリカで作成されるようだが、その試験問題は各国の言葉に翻訳される。
世界共通の試験な為、世界中どこで受験しても同じ基準で在り、難易度も同じとなる。
その為、この資格を所有していれば世界的に通用する事でもある。
試験方法はペーパテストではなく、試験会場に用意されたパソコン端末による実技試験となる。
その為、テキストの暗記のみではこの資格を得る事はできず、パソコンによる実習と演習をくり返す必要がある。
MCP資格には10種類以上の認定資格が在り、資格に拠って認定条件や試験科目がちがってくるのだ。
複数のMCP資格を取得する事で、更に上位の資格(MCSAやMCSE等)を得る事も出きるようだ。

Webデザインのパソコン資格を取得する方法その1

インターネットはここ10年ほどで急速に普及している。
パソコンを所有している人は、殆どの人がインターネットにアクセスした経験があるとおもう。
近頃では、インターネット回線の技術も成長し、画像等を多量にうまく利用したホームページもある。
また、近頃ではパソコンのメモリ容量も増加し、動画等をうまく利用したホームページもある。
凝りに凝ったホームページではなく、あえてシンプルなデザインを採用するホームページもある。
ホームページのデザインの幅も年々拡大していく事だろう。Webデザインを勉強している人も年々増大している。
これらの人はプロのWebデザイン技術をマスターしたいとおもっている人だようだ。
Webデザインを実践する為には、イラストレーターやフォトショップと云ったソフトを使いこなすと云う必要がある。
ドリームウィーバー等のソフトをうまく利用していく事も可能とおもうが、上級者に成る為には直接記述出きる技術が必要となってくるようだ。
また、Webデザインは絵画を描くのと同じで、あるレベルのセンスが必要だと云われている。
しかしながら、絵画とちがってセンスに任せて造れると云うものでもない。
パソコンで作成し、ホームページで公開する為には、デザインに多種多様な制約がある事も事実だ。
このような事を考慮すれば、センスはあるレベル必要だが、センスがあってもWebデザインで通用するとは限らない、と云う事だろう。
Webデザインの領域でも、相当の資格が在る。
これらの資格を取得する事を通じて、Webデザインの方法をマスターしていこう。

Webデザインのパソコン資格を取得する方法その2

パソコンをうまく利用したWebデザインには、色彩等デザインにかんした知識のみでなく、多種多様な知識が必要になってくるのだ。
Webページのレイアウトや配色のみでなく、ボタンの形状やレイアウト、配置方法等使用しやすさに直接関係する事項を一定のルールからはみ出す事なく考慮していかなくてはならない。
プログラムやphpのコーディング等を考慮しながらデザインする必要もあるようだ。
これらの事を考慮するとWebデザインにはデザインにかんした知識と技術にプラスし、創造性等も必要となってくるようだ。
Webデザインと類似したような言葉にWebプログラミングと云うものもある。
Webプログラミングでは、Java等の言語を駆使してWebページをデザインしてゆくのだ。
掲示板やメール送信等のシンプルなものから、インターネットショッピングや会員制のシステム等の複雑なシステム等をつくり上げる。
WebプログラミングとWebデザインの両方の技術と知識を身につけた人は、Webプロデューサーとも呼ばれ、Webページの製作をコーディネートしていくようだ。
近頃では相当の会社が自社のホームページを所有しているだろう。
これらの会社のおおくはホームページの製作を外部に委託しているのが現状だ。
これらの風潮はいよいよ強まっていく事が予測される為、WebデザインやWebプログラミングの知識と技術を所有する人材は優秀な実在になっていくはずだ。
パソコンをうまく利用して仕事をしていくのであればWeb製作はどうだろうか。
しかしながら、Webデザインの世界では、資格を所有しているのみでは役に立たないようだ。

Webデザインのパソコン資格を取得する方法その3

マイクロソフト製品関連の資格等、パソコンをうまく利用する資格の時、その資格を所有しないと仕事をもらえなかったり、就職や転職に際して有利にならなかったりする。
しかしながら、Webデザインのケースの時はどうだろうか。
Webデザインの世界では、Web関連の資格はあまり関係がないようだ。
Web関連の資格を所有しているからと云って良いデザインが出きる事にならないからだ。
Webにかんした資格試験は多種多様なものがあるが、転職や就職に有利に成る事はないようだ。
ではWebの世界ではどんな方法で自身をアピールしていくのだろうか。
自身の作成した作品でアピールしていくのだ。
使用しやすさ、見栄え、うまく利用している技術等、Webページを閲覧するとその実力は決断出きるようだ。
ソフトウェアをうまく利用してシンプルに製作したのか、もしくは細かいところまで意識して自身で書き込んで製作したのか等、あるレベルの人が観れば把握出きる。
パソコンをうまく利用してWebデザインをしたい時は、資格取得を照準を合わせるのではなく資格取得を通じて自身の能力をアップすると考慮したほうが良いようだ。
Webデザインはパソコンがあればすぐにでもスタートする事が出きる。
そして、インターネットがこれのみ普及した現状では、Webデザインにかんした知識を所有している人は重宝される事だろう。
Web関連の資格取得を機会として、Webにかんした知識と技術を吸収してはどうだろうか。
また、Webにかんした技術の日進月歩の速さは途方もなく速いものと為っている為、普段からアンテナを広く張り、新しい技術を吸収する事も必要だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック