<クロスステッチのやり方>クロスステッチのアルファベット文字の基本

クロスステッチのアルファベット文字の基本について

クロスステッチ

クロスステッチのアルファベットって、観た事がないだろうか?
私は、割り合いクロスステッチやパッチワークと云うものが好きである為、色々とやってきたが、このステッチとの初めての出会いがクロスステッチのアルファベットを額に入れたサンプラーだったのだ。
クロスステッチのアルファベット文字の基本的な方法を学習する事は、其の後のあらゆるクロスステッチの基本的な方法を学習する事に成る為、初心者の人にはお勧めだ。
クロスステッチのアルファベット文字と云うと、一般的な方法としては統合された色柄で、ブロック体のアルファベットに数字、また筆記体のアルファベット文字、小文字のアルファベット、と云うのがクロスステッチされたものを額に入れて、サンプルや見本としてうまく利用するようであるが、近頃は、こういったものを作成して飾る、と云う目的でも造れるのでかわ良いものだ。
クロスステッチは、刺繍の初心者がやや早くに習う為、イニシャルを描いたりお花の茎の部分を作成したりと、けっこういっぱい使い道でうまく利用されるステッチの方法だ。
例を挙げると、よくクッション等にもクロスステッチが刺繍されている。
これはアルファベットが主体と為っている一般的な方法で、実にシンプルだと実感出きるが、周りの飾りとなるステッチを色々試行錯誤したり、角に星やフラワー等のステッチを所有してくると、より女の子らしくなるものだ。


スポンサードリンク

クロスステッチの刺繍のやり方と初心者→イニシャル等のアルファベット文字がベスト

クロスステッチ

私は、中学生の頃、アニメ・赤毛のアンの世界にハマっていたものであるが、アンも刺繍をエンジョイしていた。
私はそれを真似して白い綿のパジャマをわざわざ買い付けてもらって、それに自身の名前もしくは名称とイニシャルをクロスステッチのアルファベット文字で仕上げてみたりもした。
この時、クロスステッチのアルファベット文字が、多種多様なものに刺繍するときの練習にもなると云う事に気付いたのだった。
殊更に、クロスステッチの刺繍のやり方に苦しむ初心者の人には、イニシャル等のアルファベット文字はベストだ。
アルファベットは、緩やかなカーブもあれば、直線もあって、つなげたり、丸くしたり、多種多様なラインを描く事が出きる。
つまり、クロスステッチのアルファベット文字を練習すると、刺繍のテクニックそのものの学習に成るのだ。
このクロスステッチのアルファベットを観ながら、刺繍を練習すると、相当テクニックが上達するとおもう。


クロスステッチのアルファベットをピンクッションに。さらに本の通販にかんして

クロスステッチ

其の後、手持ちのピンクッションを題材にして、パッチワークの真ん中の生地に、大幅に本を刺繍して、その真ん中にクロスステッチのアルファベットを並べたのが、本格的なクロスステッチの作品と成った。
こういった裁縫や刺繍のデビュー戦だった為、基本中の基本どおりにやったし、また何回やり直しをした事か把握出きる事が出きない。
しかしながら、初めて作成したこの作品はボロボロながらも、いまだに捨てられず、ピンクッションとしてはあまり機能していないが、クロスステッチのアルファベットを刺繍したカバーだけは、ガッチリ飾って有る。
渋い色になった為、こりゃ誰の作品なの? なんてよく聴かれるが、正解は笑ってごまかしている私である。
クロスステッチのアルファベット文字がキッチリと描けるようになれば、他のチェーンステッチも、ストレートラインのステッチも美しく綺麗に、素早く作成可能に成る。
これからクロスステッチのアルファベットにチャレンジしようとしている人は、是が非でも頑張って練習して欲しいものだ。

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%88%BA%E7%B9%8D&tbm=blg&output=rss&num=50







マクロビオテック