<任意継続保険の特徴と手続き>退職した時の任意継続保険のことや未納の場合、保険料のメリット

任意継続保険の特徴と手続きについて

任意継続保険

任意継続保険とはどんなものか御存知だろうか。
基本中の基本的に日本では国民全員が何らかの形で保険に加入する事に為っている。
加入している保険は自身の家の環境や雇用状態の環境等に拠ってちがってくる事に成る。
であるから、多種多様な理由でいままでの保険を辞めて、新たな保険に加入する必要が生じる事も有る。
1番少なくないのは退職した時だ。
退職するとこれまで加入していた社会保険はうまく利用できなくなるから、新たな保険に加入すると云う必要がでてくるのだ。
そのような時、前の保険を辞めてから新たな保険に加入するまでの期間、橋渡し的な任務として例外的に加入出きるのが任意継続保険なのだ。


スポンサードリンク

任意継続保険の特徴点と手続きや社会保険事務局について

任意継続保険

任意継続保険の特徴点はあくまで例外的な保険で在り、加入資格も限定されていると云う事だ。
まず、[在籍期間が2ヶ月以上]である事だ。
会社を退職した日まで2ヶ月以上健康保険に加入している事が条件に成る。
[以下の就職が決定するまでの間、継続する意思がある事]
次に、任意継続保険の手続きであるが、[退職後20日以内に申請書類を提出する事]だ。
この手続きは、退職した以下の日から20日以内に[任意継続被保険者資格所得届]と云う書類を社会保険事務局等に提出する必要が有ると云う事だ。
任意継続保険の手続きが出きる期間は退職してから最長で2年間だ。


任意継続保険と保険料のメリット、国民健康保険について

通常、退職した後はすぐに国民健康保険に加入する人が少なくないと思う。
しかしながら、この任意継続保険に暫定的に加入した方が国民健康保険に加入するよりも多種多様なメリットが誕生する。
まず、退職前の健康保険の保険給付サービスを受けられる事が挙げれる。
其れから任意継続保険を選択したケースの場合、保険料のメリットも大幅に成る。
国民健康保険の保険料は前年度の所得から算出されるシステムに為っている。つまり、退職して収入がないにもかかわらず収入がある時期から算出された保険料を支出する必要があるのだ。
これは相当の負担に成る。しかしながら、任意継続保険の時は退職時の報酬の月額か、定められた標準報酬月額かのどちらか低い方から保険料率をかけて算出されるのだ。
その為保険料が割安に成る事がおおくなる。

任意継続保険の保険料未納や再就職にかんして

保険料は任意継続保険の資格を所得した月から生じる。
例を挙げると5月20日に加入しても5月分から保険料を徴収される事に成る。
任意継続保険の保険料の納入方法は月ごと、半期前納、一括前納の3種類がある。
しかしながら、納付期限を過ぎているのに保険料未納の状態であると、任意継続保険の資格を失ってしまうので注意が必要だ。
こういった具合に、任意継続保険を賢く使用すれば相当の費用を節約する事が出きる事がお分かりだろうか。
退職してから再就職するまでは何かと多種多様な経費が気に成るものだ。
是が非でも、任意継続保険と云う制度を適切うまく利用したいものだ。
これから退職を考慮している人、退職を控えている人も再就職するまでの間、任意継続保険を吟味しておくと良いのじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック