<空間デザイナーの資格と資質>空間デザイナーの求人募集と仕事

空間デザイナーの資格と資質について

空間デザイナー

空間デザイナーとは、相当広範囲なデザイナーを意味しているが、狭い意味での空間デザイナーとは、要するに室内インテリアデザイナーのような仕事内容で、ちょっと範囲を拡大すると商業施設の店内設計やショーウインドウのディスプレーレイアウトの設定のデザイナー等も、空間でデザイナーと称される。
空間の意味するところが何であるかに拠って、空間デザイナーの業務内容も変わるものだ。
空間デザイナーをもっと厳格にジャンル分けすれば、住空間コーディネーター、リフォーム等室内のデザイナー、更に家具等デザインまで実践する室内インテリアのデザイナー、そして商業施設等商業デザイナーにとりあえずは分類出きるようだ。
ついでに、スワロフスキー銀座と云う店のデザインを手掛けたのは、空間デザイナーとして超有名で評判のあった吉岡徳仁だ。
この吉岡徳仁と云う人は、世界的にも途方もなく著名な空間デザイナーであり、世界中の大企業から空間デザインの申し込みが殺到するほどの実力と評判を誇っている。


スポンサードリンク

空間デザイナーと資格について

空間デザイナー

こういった具合に空間デザイナーと云っても多種多様な領域が有るが、空間デザイナーとしての資格にかんしては、これと云った資格はなく、建築士や商業施設士等の免許を所有した人やカラーコーディネーターの資格を所有した人、もしくはこれらの資格を同時に複数所有していたり、造詣が深い人の仕事と考慮するべきものだ。
空間デザイナーになろうとする人は、建築やデザインの専門学校で商空間デザイン関係のコースで勉強すると云うのが一般的だ。
空間デザイナーのニーズとしては、商業店舗関連の仕事が1番おおく、空間デザイナーを目指すなら、店デザインに特化したコースを選択するのが1番現実的だろう。


空間デザイナーの資質、求人募集と仕事にかんして

空間デザイナーのメインの求人募集は、内装工事会社、設計・デザイン会社、照明メーカー等であるが、求人募集の形態は多種多様で、正社員、契約社員からフリー等、勤務先の規模やニーズでちがう。
空間デザイナーは、成果や成果がものを云う仕事で、メディア等でピックアップされるような商業施設を、おおく手掛ける事が、いわゆる名刺代わりの成果や成果に成るわけだ。
やっぱり、空間デザイナーでそれ相応の所得を得ようとするならば、相当な努力が必要であるし、センスや資質だって必要になってくるのだ。
空間デザイナーの現実の仕事にかんしては、デザイナーとしての仕事よりも、工事のアレンジ役としての仕事の方がおおく、デザイナーと云うよりは設計士や現場監督的な内容に成る。
施工会社とのコネクションも空間デザイナーにとっては、大事な経営資産で、ビジネス上の人間関係も大事にする資質がないと良い仕事も回ってこない。
疑う余地もなく、空間デザイナーとして成就している人の殆どは、空間デザインに於いて、クライアントの熱望や要望を正確なコンセプトとしてまとめあげ、それを具体化していくアーティスティックで創造的な仕事をする資質の人達ばっかりだ。
しかしながら、そのレベルに到達するには、努力と素晴よう仕事との巡り合いがあったればこそで、一朝一夕に成れるものじゃない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック