<FP過去問と参考書テキスト>FP過去問と独学や勉強方法等

FP過去問と参考書テキストについて

FP,過去問

FP過去問とは、過去に実施されたファイナンシャルプランニング(F・P)技能検定試験の問題の事だ。
ファイナンシャルプランニング(F・P)技能士とは国家資格の一種で、1級、2級、3級と難易度別に分類されている。
このF・P技能士に成るための資格試験こそがF・P技能検定と云うわけであるが、やっぱりF・P技能検定試験に合格する為には、FP過去問を何回も解きつづける事が最短距離に成るのだ。
一般的に試験の過去問と云うと、問題集形式となって販売されているものを使用して勉強するようなイメージが有るが、FP過去問のケースの場合はインターネット上で1級、2級、3級ごとに無料で公開されているのでべんりだ。


スポンサードリンク

FP過去問を用いた勉強方法と金財について

FP,過去問

F・P技能検定とは、社団法人金融財政事情調査会(金財)がほどこしている国家資格試験だ。
この金融財政事情調査会(金財)のホームページで、前述したように過去に実施されたFP過去問と、それに対応する模範解答が全て公開されている。
F・P技能士の試験では、FP過去問を用いた勉強方法を実践する人がおおく、FP過去問をベースとした独学の試験対策をやっていっただけでファイナンシャルプランナーに合格したと云う人も少なくないようだ。
この点で、F・P技能検定は、出題風潮が毎年そのようなに大幅に変わらない資格試験の1つのようだ。
但し、F・P技能検定の実施母体である金融財政事情調査会(金財)のホームページで公開されている過去問は、あくまでも問題と模範解答、それにシンプルな解説レベルだけな為、これだけをベースにしてファイナンシャルプランナーの受験勉強を進めるのは、相当心もとない勉強方法と云える。
そこで、FP過去問での学習を効率的に進めるための勉強方法としては、FP過去問を掲載した参考書テキストを買い付けて受験勉強を進めるのが得策と云えるだろう。


FP過去問の問題集や参考書テキストと解説レベル、評判と口コミについて

前述したように、FP過去問での学習を効率的に進める為には、FP過去問を掲載した書籍買い付けて受験勉強を進めるのが得策だ。
FP過去問の問題と模範解答、更に1問ごとに丁寧な解説と、これに関連する知識を学習可能に為っている優良な問題集や参考書テキストが複数出版されている。
その中でも殊更に評判が良い、FP過去問をベースにした問題集や参考書テキストをご案内する。
すばる舎から出版されているFP受験調査会編纂の[FP技能検定精選過去問題集]がそれだ。
この[FP技能検定精選過去問題集]では、1級から3級まで、各々のランクに応じたFP過去問の内容が学科編、実技編に分類されている。
毎年出版されている本な為、最新の刊を購入するようにすべきだろう。
古本でブックオフやネットオークション等に販売されているものでも良いが、さすがにあまり古いFP過去問だと、とっくに出題風潮が変わっている怖れが有るので注意が必要だ。
インターネットの大手書籍販売ホームページであるAmazonで口コミ評価を閲覧すると、このFP技能検定2級精選過去問題集のみで独学勉強して見事ファイナンシャルプランナー試験に合格したと云う人も複数いる。
更に、[FP技能検定精選過去問題集]は、解説レベルも正確で丁寧なものに為っている。
どんな資格試験の受験勉強でも、参考書テキストや問題集は数をこなすだけではなく、優良な参考書テキストや問題集を最低でも3回はやり込む事が肝心だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%B3%87%E6%A0%BC&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック