<TOEIC過去問>TOEIC過去問と公式問題集、参考書テキストや勉強方法等

TOEIC過去問にかんして

TOEIC,過去問

TOEIC過去問は、これから留学したい人や外資系の会社に就職する為に英語力を証明したい人、もしくはサラリーマンで自身の職種の幅を拡大させたい人には、受験勉強の資料として途方もなく重要生の高いモノと云っても過言じゃないだろう。
なぜTOEIC過去問がそれほど重要生の高いモノなのかと云うと、現実のTOEICの出題問題の中には、TOEIC過去問が絶対に何問か入っていて、同じレベルの試験問題にするように平均化されているためだ。
このようなTOEIC過去問を練習問題として再びうまく利用する事は、一般的に広く認識されているところだ。
TOEIC過去問は、TOEICを実施運営している財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会から[TOEIC(R)公式ガイド&問題集]と云う練習問題や参考書テキストの書籍シリーズとして発刊されている。
しかしながら、TOEIC過去問に意外と興味ない受験者がおおく、非効率的な勉強方法と無駄な練習問題や参考書テキストを使用していると言わざるを得ない。


スポンサードリンク

TOEIC過去問題集[TOEIC(R)公式ガイド&問題集]について

TOEIC,過去問

前述したTOEIC過去問題集[TOEIC(R)公式ガイド&問題集]はTOEICの問題を現実に作成しているアメリカのEducational Testing Serviceの公式問題が収められえている為、勿論全て出題されたものじゃないが、殆どが現実に出題された問題で在り、出題されていない問題も、相当の確立で出題されると考慮される。
こうした風潮は、TOEIC過去問に対する再うまく利用の風潮がつよい事を示しているわけだ。
しかしながら、現実にはTOEICの問題がリニューアルされて、出題形式が変わったとうっかり勘ちがいしている人もおおく、現実は全くと云って良いほど出題にかんした内容や科目や時間配分も変化していないし、TOEICの受験後に送られてくる[公式認定証]に受験結果の内容が明記されるようになっただけだ。
その意味で、TOEIC過去問を扱った練習問題や参考書テキストの重要度に何ら変わりは無いわけだ。


TOEIC過去問と公開テスト、団体受験について

このようなTOEIC過去問を中心にしたTOEICの受験対策と参考書テキストを考慮してみた時、実はTOEICの受験方法に拠ってもTOEIC過去問の所有する重要度が変わってくるのだ。
TOEICの受験方法には、いわゆる個人で受験を申し込んで受験する通常の[公開テスト]と、英語のスクールや学校・会社単位で受験する[団体受験]の2種類がある。
[団体受験]の時はTOEIC過去問が織り込まれて出題されると云うタイプではなく、同じ問題が科目単位で丸々そのまま順繰りに出題されると云う、なんとも受験生には美味しい風潮にあると云える。
英語学校等では、事前対策セミナーと[団体受験]をセットしたようなコースを設定しているところも在り、学校や会社で[団体受験]を採用していなくても、[団体受験]を受けられる方法はあるわけだ。
但し、同じ問題が出たからと云って、上手く点数を取れる事にはならないと云う事だ。
それでも全くやった事がない問題よりは正解率は途方もなく高くなる事は確実 な為、勉強方法の負担も軽くなるのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%EF%BF%BDp%EF%BF%BD%EF%BF%BD%EF%BF%BDb&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック