<加圧トレーニングの効果と方法>加圧トレーニングの口コミ、短所や料金

加圧トレーニングの効果と方法について

加圧トレーニング

今回は、近頃話のネタの加圧トレーニングの効果と方法にかんして講釈してゆくのだ。
加圧トレーニングジムで実践するのは勿論加圧トレーニングだ。
しかしながら、[加圧トレーニングっていったい何だ?]と云う人も勿論いるだろう。
そこで今回はその効果と方法の案内もかねて、そのメカニズムをザックリ講釈していきたいとおもう。
これは体に本来備わっているメカニズムを利用した、日本発であると同時に世界初で全く新しいトレーニングメカニズムだ。


スポンサードリンク

加圧トレーニングの食事と危険性と短所について

加圧トレーニング

加圧トレーニングの食事の事は、多種多様な雑誌やメディアで特集されているが、重要なのは神経質になりすぎず適量を口にする事だ。
要するに、加圧トレーニングを継続していくと運動量がアップしてお腹が消耗する為、このとき食事の取り過ぎに注意する事が肝心なのだ。
あと、加圧ジムトレーナーのアドバイスによると、食事は夜ごはんの炭水化物を控え目にした方が良いそうだ。
加圧トレーニングの危険性と短所にかんしてであるが、これは、自身の家では絶対に出きない訳でもないが、専用のベルトで血流を規制しながらの運動に成る為、高血圧の人や心臓疾患持ちの人、妊娠中、生理中の人や骨粗鬆症の人等にはむいていない事だろう。
次に、加圧トレーニングの口コミであるが、「二の腕がいつのまにか、細くなり脚のむくみもとれた」、「2週間位で効果が表れてきた」「冷え性と肩こりがなくなってきた」と云う効果を賞賛する口コミが多かったが、「加圧トレーニングはトレーナー次第 」と云う辛口の口コミもあった。
料金の相場としては、1回30分のトレーニングでだいたい1万円前後のようだ。
加圧トレーニングで超有名な芸能人と云えば、ヒロミ氏、藤原紀香さん、杉本彩さんだ。
加圧トレーニングの自己流には危険性が高いが、よほど経験をつんだ人なら加圧 ベルトのような専用器具があれば自身の家でも実践出きる。


加圧トレーニングのポイント、効果、長所について

加圧トレーニングのポイントは、腕と大腿のつけねに適切な圧をかける事で血液の流れる量を規制する事に有る。
こうする事で筋肉はハードなトレーニングを実践した時と同じ状態となり、いわゆる筋肉の[超回復]、およびホルモンの分泌を促進してより効率の良い鍛錬を実践する事が出きるのだ。
これまでのウェイトトレーニング等のケースの場合だと、高負荷に拠ってしか得られなかった効果を、より短い時間で、そしてより軽い負荷で獲得する事が出きると云うわけだ。
これが加圧トレーニングの効果で在り、この加圧トレーニングの長所としては、現実に肉体にかかる負荷は重くはない為、例を挙げると筋肉組織が破壊される事もないし、間接や靭帯に衝撃をあたえる危険性も少なくなる。
つまり要約すれば、加圧トレーニングと云うのは、今までのハードトレーニングと同じような効果を得る事ができ、にもかかわらず肉体にかかる負荷を低減させたものと云う事に成る。

加圧トレーニング方法のメカニズムと発達ホルモンについて

加圧トレーニングジムでは上記のようなトレーニングを実践するわけであるが、その加圧トレーニング方法のメカニズムは驚愕するほどシンプルなのだ。
何故血液の流れを規制した状態で負荷をかけるとホルモンの分泌が促進されるのか?と云うと、それは乳酸と云う疲労物質に関係が有る。
一般的に、運動等をして手足が[疲労を感じた][重い]と云うのは筋肉中にこの乳酸がたまる事で脳が[筋肉が疲労状態に成る]と云う決断をするためなのだ。
つまり、血液の流れる量を規制して乳酸が通常よりも累積しやすい状態を作成してやれば、通常よりも遥かに速い段階で[筋肉が疲労している]と脳が決断すると云うわけだ。
筋肉が疲労していると脳が決断している状態で運動を持続すると、脳はその状態に肉体を対応させる為に発達ホルモンの分泌を促進させ、これが結果的に筋肉の増強につながると云うわけだ。
これがジムで加圧トレーニングを実践する根本的な理由である、と云うのは把握出きて頂けたであろうか。
加圧トレーニングは現状、世界でも注目されているトレーニング方法の一種で、一流のアスリートの中でも注目されており、この方法を取り入れスタートしてもいるようだ。
加圧トレーニング方法とそれを行っている加圧トレーニングジムの情報は、インターネット上で簡単に検索する事が出きる為、気に成る人は是が非でも点検してみると良いだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック