<バランスボールの使い方>バランスボールの使い方と効果や値段等

バランスボールの使い方と効果や値段等について

バランスボール,使い方

皆さんはバランスボールと云うダイエットグッズの使い方を御存知だろうか。今回はこの使い方にかんして案内したいとおもう。
まず、バランスボールとは、直径20cmから120cmくらいの大きさで重荷重に耐えられるボールの事だ。
これは、病気やケガ等が原因で障害になった人のためのリハビリ用に開発されたボールで在り、現状ではフィットネスクラブやジムでも使用されている。
バランスボールの使い方としてはまず、腰掛けた時に90度くらいに膝が曲がるものが適切なサイズだ。
基本的な使い方としては、片足を代わる代わるあげたり、両足を釣り合いを取りながらあげるエクササイズが基本だ。
次に本格的なバランスボールの使い方としては、息抜きしながらバランスボールに座ってバウンドすると全身がほぐれるし、腹筋から背筋等多種多様な部位のストレッチも可能で、ヒップアップ効果の高いエクササイズも可能だ。
更に、背筋のシンプルなストレッチならば床に膝立ちし、バランスボールに手を置き急がずゆっくりと両手でこれを押さえて背筋をのばしていくのも効果的な使い方だ。
他に、バランスボールの適切な使い方として、いす代わりに使用して健康に成る方法もある。
これをいす代わりに使用すると、通常のいすよりも途方もなくべんりに過ごせるように成る。
にもかかわらず、長い時間座っていても疲労を実感しない為、自然に健康な体をつくりたい人にはお勧めの方法だと云える。


スポンサードリンク

バランスボールの使い方と効果→腹筋、腰、太ももとヒップについて

バランスボール,使い方

腹筋に効果のあるバランスボールの使い方として、腹筋のエクササイズはボールに座り、足を代わる代わる胸の方に腹筋を意識して引き上げていくのだ。
また、お尻で前後に転がす事で腰のエクササイズも可能に成る。
仰向けに寝転んでボールの上に足を乗せて、息を吐きながら上体を起こす事で腹筋のエクササイズに成る。
他に効果的なバランスボールの使い方としては、背中と壁でバランスボールを挟んで膝が90度の角度に成るまで体をゆっくり下ろしていくと太ももとヒップのエクササイズに成る。
また、これに座って、お尻で左右にボールを転がしていく事で腰の柔軟運動にもなる。
腰の柔軟運動をバランスボールを使用して実践するケースの場合、前後にシフトさせるものと左右代わる代わるシフトさせるものの両方を実践するのが効果的な使い方だ。
バランスボールに座って、お尻から腰、腰から背中、背中から頭へとシフトさせると釣り合いを取るエクササイズに成る。
この釣り合いを取るエクササイズは、腹筋、背筋、太ももに効果があるバランスボールの使い方だ。


バランスボールの使い方の注意点→耐荷重、値段、素材等について

バランスボールを購入する時は、安全の為に耐荷重は何キロかをキッチリと確認をした方がエクササイズでケガ等をしなくて済むだろう。
値段は安いのものから高い値段のものまであるが、だいたい3,000円から7,000円くらいが値段の相場だ。
バランスボールの使い方の基本姿勢やポーズやポーズは、ボールに座って膝の角度が90度の状態だ。
ボールの上に腹ばいになって上半身を乗せて、足の膝をちょっと曲げてお尻の高さまで代わる代わる上げてはゆっくり下ろす動作がヒップアップエクササイズだ。
基本姿勢やポーズやポーズで足を浮かして釣り合いを取る動作や、バランスボールの上でバウンドする動作でも充分なエクササイズに成る。
バランスボールは、一般的には塩化ビニールを素材にしているため熱に弱い事をおぼえておこう。
こういった具合に熱に弱い素材でバランスボールは出きている為、暖房器具の近くや直射日光に当たる場所での保管や放置はしないようにする事だ。
注意点としては、体調の悪い時や飲酒後等にバランスボールを利用する事は、大ケガ等の原因に成る恐れがあるため留めたほうがよい。
他に、転倒しやすい場所や転落しやすい場所では利用しない事や、ガラスの破片や画鋲(がびょう)等尖ったものに刺さらないよう気を付ける事もバランスボールの使い方の注意点として挙げられる。
穴がオープンするとエクササイズ中に空気が抜けて危ない為、利用する時は尖ったものが落ちていないかどうか注意しよう。
また、周りに障害物があるとケガをする恐れがある為、障害物のない広い場所でバランスボールをエンジョイするようにしよう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%81%A5%E5%BA%B7&tbm=blg&output=rss&num=50






マクロビオテック